早い導入が制度的にも有利

収益計算は税金にも注意

投資目的として設置するケースも多い産業用太陽光発電は、収益計算も当然事前に行うことになるはずです。しかしその際に忘れないように注意すべき点が税金です。 通常、産業用太陽光発電は設置容量がかなり大きいため、固定資産税についてもそれなりの額となります。さらに固定資産税に加えて売電収入があった場合、これに所得税が加わる事も頭に入れておく必要があります。ただし所得税は売電収入そのものに掛かるのではなく、そこから諸経費を引いた上での利益にのみ掛かるので、収益シミュレーションで黒字の場合はそこから税金で赤字になることはありません。 また必要経費に関しては、産業用太陽光発電システムの減価償却費を計算して計上していくことになるので、この点も忘れないように気をつけたいところです。

買取制度に関する豆知識

買取制度を理解することは産業用太陽光発電で収益を上げるためには必須となります。効率的な収益を継続的に得るために、買取制度に関しては多くの知りたい豆知識があります。 まず基本的な知識として、設置容量が10kw以上の太陽光発電は産業用太陽光発電に分類され、余剰買取制度と全量買取制度の2つから選択することができます。どちらを選択するかは自由ですが、通常収益を目的とする産業用太陽光発電の場合は全量買取制度を選ぶのが一般的です。全量買取制度は必要な電力は引き続き電力会社から買う一方で、こちらが発電した電力に関しては全て電力会社に売電する仕組みです。 産業用太陽光発電では固定価格買取制度が適用されており、契約時の買取価格で10年・20年と売電ができます。買取価格は年々下がっているため、早めの産業用太陽光発電の導入の方がより利益を出しやすくなります。

餅は餅屋

クリニックの設計は様々な規制のかかる特殊建築物に分類されるため、多くのノウハウと経験を持った医療系の建築を得意とする建築設計事務所などの建設会社に設計を依頼するのが得策です。時間やコストの削減にもつながります。

詳細を確認する...

工事費用を安くするために

マンション大規模修繕では、マンション大規模修繕工事専門の設計監理を行っている設計士を利用することにより、スムーズに実行することが出来ます。また、マンション大規模修繕工事専門の設計監理を行っている設計士はいくつかあります。複数の見積もり書をとることで、費用をおさえることが可能です。

詳細を確認する...

大幅に直す工事

マンションは大勢の人々が生活していますが、経年によって当然建物自体が劣化してしまいます。そうなると、大規模修繕工事が必要となるのです。外壁塗装など室外がメインのものから、住民の退去が必要な改装工事まであります。

詳細を確認する...